FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作 小川洋子
寺尾聰 深津絵里 浅丘るり子
80分しか記憶が持たない博士と、家政婦、その子どもルートとの平凡だけど、あたたかい日常。

民放で放送した。
前にDVDでレンタルしたから2回目。

で、原作も読んでみた。
これといった大きな出来事がないからほぼ原作通り。
映像で見るとまだいいけど、原作の本だとほんっとに数式がわからん。
むずかしいのよ。
でも、無機質な感じの数学や、数式のことはよくわからなくても、すごくあたたかい気持ちになれる映画であり、本だった。

博士の愛した数式っていうのは・・・

不確かなもの同士が集まった数字が1という確かなものによって、完全なものになるってことなのかな。
博士はこれらの数式がどれだけステキなのかを淡々と語って、
ルートに対する博士の様子がすごく素直であたたかくて、心地いい。

博士を信じられなかった母親に対するルートの怒りとか、それを素直にあやまる母親とか、登場人物の素直な感情かすっと入ってくる。

博士の記憶が80分しか持たなくなっても、今という時間を大切にして、その心の奥にある義姉との関係、心苦しいと思っているからこその、子どもへの愛情。
何回見てもいい。
映画の方では義姉との関係もわかりやすく描いてあった。

真実は目に見えなくて、心の中にあるもの。なんだね。

数式の話がこんなあたたかくなるなんて。
不思議だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smilesmilemovie.blog115.fc2.com/tb.php/7-e17277bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。