FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督 クリント・イーストウッド

俳優さん・・・まったくわからず(ごめんなさい・・・)

硫黄島の戦いをアメリカからの視線で描かれた戦争の話。
徹底しているくらい、日本側の事情なんかは描かれていなく、
出てくる人も、死んでしまう役か、敵のみ。

硫黄島、すりばち山に立てられて星条旗をめぐる、兵士のその後。
硫黄島からの手紙は鑑賞済み。

写真に撮られた6人は実は最初に星条旗を掲げた兵士ではなかった。
英雄に仕立て上げられ、生き残った3人兵士たちのその後の苦悩。
戦いに勝ったものが英雄なのか、
誰かを助けて、戦死したものが英雄なのか・・・
それでも、戦争なんかには英雄はいてはいけない。
そんなメッセージが印象に残った。

年老いて、星条旗をめぐる事実を語る兵士。
回想シーン、硫黄島での戦闘シーンから描かれている。
戦闘シーンは説明なく、永遠と続く。
どれだけ悲惨なものだったのかが、淡々と描かれていた。
怖くなるくらい。

日本の事情はまったく知ることなく、ただアメリカの事情のみ。
反対に硫黄島からの手紙では、
アメリカの事情はまったくわからず、日本の事情のみ。
勝った方も負けた方も、犠牲は多く、悲惨な戦争だったことが
両方からの視線で戦争を知らない香緒乃でも少しは知ることができた。

当時、少しでも、両者がお互いを知ろうとして、
対話による、何かが行われていたら、もう少し違う結果になったんじゃないかな。
って、でも、それが一番むずかしいことだったんだろうね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smilesmilemovie.blog115.fc2.com/tb.php/19-64457bc5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。