上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛写真 Collage of Our Life

監督 堤幸彦
松田龍平 広末涼子 小池栄子


「ただ、君を愛している」のもとになった映画。
こっちも観たいなぁと思ってレンタル。

死んだはずの元恋人、静流から手紙が届き、
その真相をたしかめようと、
1人ニューヨークに旅立つマコト。
松田龍平がかっこいい。
個性的で不思議な静流も結構よかった。
2人とも若い。

これまた出てくる写真がすごくいい。
サブタイトルのCollage of Our Life
僕たちの人生のコラージュ
直訳だけど。あの写真たちが2人の人生。
静流のは少しでも、マコトの世界に入りたくて、
同じ風景を見たくて、写真を撮る。
その風景は色があって、温度がある。

ただ、君を愛している、もそうだったけど、
キスシーンがステキだった。
ラスト、マコトの想像の中で生きている静流とのキスシーンは
本当に切なかった。

堤監督、独特な世界観だなぁ。とも思った。
ごく普通のラブストーリーではなく、
ちょっとサスペンス??
最初から、最後まで続く、マコトの片言の英語のナレーション。
静止画のように連続で入り込んでくる、写真たち。
写真の世界に入り込んでしまうような、ステキな写真。
ニューヨークの風景はものすごく透明感があって、
なんでだろう、冬の透き通った冷たさを感じるくらい。
静流の寝ているあの写真はとにかくきれい。
手の落書き、みかん、洗濯機の写真。
細部にもすごくこだわってるよなぁ。

この映画をすごくせつない純愛映画にしてしまった、
市川拓司は、こんな透明感あるところだけを拾い集めたのかな。
似ているようで、まったく違う話になってる。

ラスト、静流の名前で写真を撮っていくことを決めたマコト。
やっぱりせつないラストだったのに、すごく気分良く観れた。
エンディングの写真もすごくステキだったね。


それにしても・・・
静流が死んでしまった理由が必要だったのかもしれないけど・・・
小池栄子はいらないよねぇ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smilesmilemovie.blog115.fc2.com/tb.php/18-c046b059
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。