上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天国は待ってくれる

井ノ原快彦 新木場俊介 岡本綾 

子供のころからいつも一緒の幼馴染の3人。
ある日3人が集まってたかしは、ひろきの前でかおるにプロポーズする。
3人のそれぞれの思いはあるが、かおるはプロポーズを受ける。
そのあとに・・・
たかしは事故にあって、いつ目覚めるともわからなくなってしまう。
3人の関係はとても心地よく、でも、いつか壊れてしまうことも、
うすうす感じてしまうのかな。
愛情を取るか、友情を取るのか。
それでも、3人はお互いをとてもよく思いやっている。
それぞれの表情がとてもおだやかなんだけど、
秘めているものもよくわかって。せつない。


事故から3年、目覚めないままのたかしのことを思いながらも、
かおるはひろきのプロポーズを受けることにする。
そして、それを待っていたかのように、たかしは目覚める。
残りわずかな命の前で彼らのためにできることをしていく。
たかしはおれたちのことを思って、少しだけ戻ってきてくれたんだねって。
彼が目覚めなければ、残された2人も幸せになれなかったのかな。

市場の風景、海、桜。
映画の背景がすごく、きれいで、
3人の親たちがこれまた、ステキな俳優さんばかりで。

ストーリー自体はごくありきたりの友情と、愛情。
死を前にした自分にできることをやるっていうわかりやすいストーリーだけど、
とにかく背景がきれいで、音楽がはまっていて、
なぜかのめりこんでしまった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://smilesmilemovie.blog115.fc2.com/tb.php/17-e6ea96cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。